メインイメージ

設立は1週間位

一般社団法人の設立には1週間ぐらいの期間を要します

一般社団法人の設立には1週間程度の期間を要します。株式会社と違って一般社団法人を立ち上げる方法はイメージがつきにくいと思います。公共性のある営利目的ではない法人という定義の通リに、一般の株式会社等よりは設立に時間gかかるものです。よく勘違いされやすいのが、一般社団法人は利益が出せないということです。一般社団法人は営利を追求する団体ではありませんが、利益をあげることができないわけではありません。

売上から経費を引いて利益が出たとしても、出資者に配当ができないだけであり、人を雇用して商業活動をしても構わないのです。利益が出た分は次年度以降の活動費にあてていくというのが一般社団法人の設立の目的です。つまり、出資者が利益を追求するのではなく、事業を継続する団体と捉えてもらえればと思います。設立には1週間の期間を要しますが、一般企業とは違い審査が厳しいからです。公証人役場に認められ定款を作成するまでに期間を要します。

何のために一般社団法人を設立するのかという疑問を持つかもしれませんが、株式会社とはイメージが違う点と、実は、一般社団法人のほうが普通の会社より長持ちする事業が展開できるという部分があります。会社を設立して利益を追求するには株式会社を立ち上げますが、会社を立ち上げて事業を行いたいのであれば一般社団法人のほうが良いのです。つまり、利益目的ではなく、世の中でこういう事業を展開していきたいという目的で立ち上げる団体です。利益を追求している経営者の方には想像はできないかもしれませんが、世の中には利益だけではなく、世の中に影響を与えたいと思う経営者もいるのです。公共性のある団体を自分で運営して世の中を変えていきたい。別に利益は求めていない、損がでなければいい。

そういう考え方の経営者が営むのが社団法人です。たとえば、オープンソースソフトウエアの団体等は利益を追求するのが目的ではなく、世の中に影響のあるソフトウエアを研究開発していくのが目的の団体です。お金ではなく地位と名誉を求めて、世の中の人から尊敬されるような団体を立ち上げたい経営者の方に向いている法人組織です。サラリーマンの人には想像はできないかもしれませんが、会社経営して富を得ると、次には地位と名誉が欲しくなるものです。世の中に影響を与え尊敬される経営者であれば富はいらない。そういう経営者の方が立ち上げる団体なのです。利益が全てではありません。

Copyright © 2017 一般社団法人を設立するときの登録免許税など All rights Reserved.