メインイメージ

登録免許税など

一般社団法人を設立するときの登録免許税など

一般社団法人を設立するときにはどのような費用がかかるのでしょうか。実際には様々な費用がかかるのですが、法的な手続きをする際にかかるものとし法定費用があります。法定費用とは、法律で定められた手続きを行うためにかかる費用のことです。一般社団法人を設立するためには登記が必要となりますが、この登記のときにかかるのが登録免許税です。

一般社団法人を設立するためには、まず定款の作成が必要となります。定款は法人の基本的な情報を記載したもので、これが最も大事な書類となるのです。法人のルールを決めたものだとも言えるでしょう。そして、この定款は公証人役場で認証の手続きを受けなければなりません。これらは、自分で行っても専門家に依頼してもかかる費用だと言えるでしょう。認証を受けるときの手数料として、最低5万円がかかります。定款の枚数によって費用が異なるのですが、だいたい5万円くらいだと考えておいて良いです。これは公証人役場で現金で支払うことになります。定款を作成して認証の手続きが終われば、次は法務局で登記申請を行います。

この登記申請の時には登録免許税が6万円かかります。この登録免許税は印紙で支払うことになります。多くの法務局では印紙を買うことができますから、そこで買ってから登記申請をします。ですから、法定費用として11万円は絶対に必要なのです。法定費用ですから、どれだけ安くしようと思ってもこれだけはかかると考えておきましょう。一般社団法人を設立するためには、ほかにも手続き上いろいろなものが必要となります。例えば、印鑑は必要でしょう。手続き上絶対に必要になるのは法人印です。法人印は、会社の実印とも呼ばれるもので、これは法務局で登録することになります。これ以外にも実務上は銀行印や角印なども必要となります。これらの費用については、安いものを選ぶこともできますが、2万円から3万円くらいは必要だと考えておいた方が良いです。

ほかにも、謄本手数料なども必要となりますし、役員になる人は印鑑証明書をとらなければなりません。このように、一般社団法人を設立するためにはいろいろな費用がかかります。ですから、できるだけ費用を抑えようと思ったとしても、15万円くらいの費用はかかると考えておいた方が良いでしょう。業者に依頼して一般社団法人を設立するのであれば、そのための報酬を支払うことも必要となりますから注意が必要です。

Copyright © 2017 一般社団法人を設立するときの登録免許税など All rights Reserved.